ガリバー 車売る|乗換のため売却しようと思っていました

新型の登場とともに、買い替えのためにマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになるところでした。これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。結局ディーラーへの下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売却しました。車一括査定サイトで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも2社できれば3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、目視による査定をしてもらうことで、本当の査定額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく確定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、概算査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、最高額の見積もりを出してくれました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、76万円の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

ガリバー 車売る|平和な日本では今後も自動車が

珍しい車を買い取りに出したら、思わぬ価格で売ることができました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しいクルマは高く買い取るとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の中古車は世界一と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産の車ですが、想像すると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。もしかすると海外かもしれず、どこであっても思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。平和な日本では、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.