グラセフ5 オンライン 車売る|もう1社の方も来て査定していってくれましたが

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

グラセフ5 オンライン 車売る|午後に来てくれた業者のスタッフが

私の住んでいる地域は辺鄙な所で、中古車の買い取り専門でやっているお店はありません。買い取ってくれるのは、ディーラーかガススタンドくらいです。約5年ほど乗ったクルマを売却した時ですが、手間もないので近くのお店で査定をお願いしました。ですが、大切に乗ってきた車でしたが約30万という査定額に愕然としました。

そのため、ネットを使った無料査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、思わぬ高値で買い取ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で出張査定してもらうことになったのが、何れもネットやテレビなどで名の売れた車買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に1社ずつ見積もりしてもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが元気のある方で、この色のクルマを欲しいという人がいるので何とか売って欲しいと言ってくれたのです。買い取り額は40万オーバーで10万も増えましたので、そこで売ろうと即決しました。このスタッフの方は買う気マンマンだったらしく、運転手2名で来られていたみたいでそのまま持っていかれました。

手間がかかると勝手に思い込んでいましたが、地元の業者にしてもらった時より手間がかかりません。メリットとしては、面倒だった手続き関係はみんなやってもらうことができ、売却額も高くなるなど、ネットの一括査定を使って本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.