車下取り価格一覧|帰られてしまいました

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車下取り価格一覧|今回の買い取り依頼した車も

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気車種などが高額で売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私の考えも、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。車を売るときは、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。もしかして外国かもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。平和な日本では、今後も良質な中古車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.