車下取り キズ|車を持って行く考えではなかったようです

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売ってしまうことになりました。近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売ることになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと思い直しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

車下取り キズ|人気のある車が高いものと思っていました

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で売ることができました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで確認したところ、ある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人特有の、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいと思っている人がいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.