車下取り ディーラー|こちらの希望は80万円ということを伝えましたが

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽を売ることになり、買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車下取り ディーラー|それを知った私は

長年連れ添ってきた車を、もうすぐ来る車検のまえに売却することになりました。若干飽きていたのに加え、新しいクルマに乗りたいというような感覚が湧いてきたからです。

今までに比べて、最近の流行は低燃費車ですから燃料代の節約にもなります。できるだけ高い金額で買取ってもらえたら、心の中でそう考えていたものですから、評判の買い取り業者を調べてみました。すると比較サイトを使った後で、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、売却した額に満足しているみたいです。

これまでは、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうという形が普通でした。しかしそうしてしまうと、提示された査定金額そのものが相場と比べてどうなのか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から高額査定をしてくれた専門店に買い取りの依頼ができるといった手軽さがあります。

それを知った私は、車種や年式や色などを入力して査定をお願いしたところ、愕然とするような査定額になっていたので、ただただビックリです。すぐに業者に連絡して聞いてみたところ、ネットで提示された額とまず変わらない値段で売却できました。ネットで査定をしていなければ、そう思うだけで冷や汗ものでした。

私の場合、想像できなかった高値で売却できたので嬉しかったです。売却となると、拒否反応を示す方もおられるでしょうから、まずは世間相場を調べてみるような気持ちで始めてみるといいかなと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.