車下取り パッソ|手放すことになる日は必ず来ます

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車下取り パッソ|知っているので相場のどれくらいで

それまで乗っていた車を買い替えようと思いました。私はクルマの買い替え時はディーラーでの下取りをしてもらうしかないと思う以外発想がありませんでしたが、実際にはそれ以外の方法もあるようだとその時知りました。それが車買い取りでした。

まだやったことの無いことだったので、抵抗感もありました。ネットの画面を見ながら、やっていきました。まずはよく見る複数の業者に申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、それを調べ、そこで一括査定を申し込みました。そして次に結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを決めました。

これまで何度か親がマイカーを買い替えしているのは知っているので、相場のどれくらいで売っていたのかは知っていました。私の乗っていた車の年式・走行距離・ボディの状態などから、実はそれほど高く査定してくれないと思っていたんですが、実際は違っていました。思っていた以上の査定金額になったのです。

そこで試しに下取りだったらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーに聞いてみました。その結果は、クルマ買い取り業者の一部と同じような査定額でした。とはいえそれ以上の査定で買い取ってくれる業者があったので、私はその買い取り専門業者に買い取りを依頼しました。初めての体験でしたが、一つずつ進めて行けば、申し込み手続きもやることができました。比較したので高く買ってもらう事ができたため、次の車に買い替えるときの費用も抑えることができましたし私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.