車下取り 仕訳|戻すような方法を探したところ

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分が白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に感じてしまいます。洗車をしてから査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが買い取り査定額に影響があると言われました。

カーショップに行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。それを見た人からプロにやってもらったのかと聞かれたほどです。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。気にしていたあの部分も問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、それまでよりもより一層艶やかな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディカラーが気になる場合は、ワックスで磨いておくだけでも査定額が上がるかもしれません。査定金額のアップと艶出しの為の手間とアイテムの費用とを比較するなどして、損しないと思ったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

車下取り 仕訳|そんなわけで下取りは

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、車買い取り業者と比較しても15万程度も離れた額になっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、30~76万まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、買い取りサイトには2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者を逆転して、一番高い金額を出してきました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.