車下取り 情報|たまに使っていた

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車下取り 情報|どなたに譲られたのか知りたいです

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車が高値で売れるとあったのです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

平和な日本では、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.