車下取り 書類|クルマの査定を受ける前には

前に使っていた自動車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってボロボロの中古車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定をやってもらうと、ボディの一部の色が査定額に響いてしまうそうです。カー用品があるお店に行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、ボディはとてもきれいになりました。それを見た人からプロにやってもらったのかと言われました。

もう一回出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、それまでよりもより一層綺麗にすることができたのが何よりよかったです。

クルマの査定を受ける前には、なるべくボディを綺麗にしておきたいですね。ボディの輝きが気になるときは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定見積もり額にも影響あると思います。査定見積もり額のアップと艶を出すためのワックスなどの費用とを考えてみて、オトクになるようであれば手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

車下取り 書類|希望が80万円である事を伝えると

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私には乗っている車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.