車下取り 見積もり|通信をしていたようです

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費節減をするというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。買い取り査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力し通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

車下取り 見積もり|かなり高く買ってもらえたのです

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売れやすいとありました。但しその理由は特に外国においての話でした。国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。豊かな日本において、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.