車下取り 譲渡所得|私の場合ですが想像していなかった金額で

長い期間乗ってきましたクルマを、車検のまえに思い切って手放すことにしました。飽きてきたわけではありませんが、新しいパートナーがほしいというような感覚が強くなってきたからです。

以前に比べ、最近の流行は低燃費車ですから燃料代もコストが抑えられます。できるだけ高い金額で買取ってもらえたら、そう思っていたので、評判の良い買い取り専門業者を探していました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、クルマを買取ってもらった方の多くが、手放した金額に満足されているようなんです。

これまでならば、買い取り業者に伺って、査定を受けるケースというのが当たり前でした。でもそれだと、提示された査定額が相場と比べてどうなのか、素人には判断しようがありません。比較サイトを活用した場合、厳選された買い取り業者の中でも高めの金額を提示してくれたショップに売却できるというメリットがあるのです。

それで私もやってみようと、車種やボディカラーなど入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような査定額がつけられたので、びっくりぽんです。直ぐに連絡を入れ聞いてみたところ、ネットで提示された額とほとんど同じで買い取ってもらえることになりました。比較サイトを活用していなかったら、そう考えただけでも冷や汗ものでした。

私の場合ですが、想像していなかった金額で買い取って頂けたので大満足です。いきなり売却するのには、抵抗感がある方もいると思いますから、まずはクルマの相場を調べるところから始めてみるのも良いでしょう。

車下取り 譲渡所得|その後もう1社の方が査定に来ましたが

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ですが私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.