車売るのに必要なもの|査定見積もりをしてもらいました

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になっていました。それまで下取りしか利用していませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りはしないことにして、買い取り専門店に売却しました。

車買い取りサイトで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、このサイトには3社程度は無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、サイトで見た査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、最高額の見積もりを出してくれました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車売るのに必要なもの|車を売却する時は

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で売ることができました。思った以上でかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く買い取るとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして海外で使われるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。叶うならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.