車売る時に必要な書類|所有台数を抑えて

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車売る時に必要な書類|手放す悲しさもありますが

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。思っていたよりもかなり高く売却できました。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と言い切れます。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。もしかすると海外かもしれず、何れにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.