車売る 共通点|考えていたよりも高く

前に乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分が白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのか安っぽい感じの車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響すると聞きました。

カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来るグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。母親から新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く評価されたので良かったです。無論色についても問題なかった様子でした。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層キレイな感じにすることができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップと艶出しの為の手間とアイテムの費用とを比較するなどして、損しないと思ったらやってみましょう。私は1000円の投資で、数万円の査定アップになりました。

車売る 共通点|買い取り業者にだけ

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.