車売る 時期|助かりましたそのまま持って行ってもらう

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で手放したくなりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。これを計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ることになっていたかもと思えば助かりました。そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしも売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車売る 時期|どんな場所で毎日いるのかなど

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットを見たところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。そのサイト以外では、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売れやすいとありました。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の車は世界一と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

この日本において、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.