車売却 アップ|売却するつもりならば

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純計算では、約50万円を半年で失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売却することになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売却するつもりならば、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

車売却 アップ|使用してもらえるのなら嬉しいです

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買ってもらえました。相場よりもかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこの情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.