車売却 一時所得|乗っている車の相場がまったく判らないので

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、色々と入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

車売却 一時所得|金額でしたが76万を提示してくれた業者が

新型の発売に合わせて、旧型の愛車を売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっています。これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、車買い取り業者に売却しました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。8社で査定を受けたのですが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、このサイトには少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれました。ネットでは68万円という金額でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.