車売却 住民票|売却手続きまで含めて

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを乗換のため売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなるところでした。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。こういった現実を知った以上下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで確認してみたところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は無料の出張査定をしたほうがよいと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額がわかるからだそうです。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、最高の査定額を提示してくれました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

車売却 住民票|ですが喜んで乗っていたのですが

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。ですが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売却することにしました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万とのことです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取っていただきました。複数業者の査定では6万円の差がありました。それでも44万減った事実に変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却することになっていたかもと思えば助かります。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もしも売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.