車売却 印鑑証明|コストを減らそうというのが

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからネット通信していました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車売却 印鑑証明|確定の査定額が判るからだと思います

新型の発売に合わせて、今のクルマを引き取ってもらおうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっていました。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高額の見積もりを提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.