車売却 手続き|32万~76万まで

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万くらい安くなっていたのです。今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その金額差におどろきました。結局下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売却する話となりました。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていたのです。

3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、確定の査定額が判ります。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。査定の結果、概算査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、最高額の見積もりを出してきました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

車売却 手続き|そのまま持って行ってもらう

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、せいぜい20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円となり引き取っていただきました。複数業者の査定では6万円の差がありました。しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売却することになったかもと思うと助かります。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.