車売却 譲渡所得 計算|なかなか難しそうな感じで

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく台数をへらしてコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

車売却 譲渡所得 計算|午後からの業者さんは

私の住んでいるところは結構ないなかで、自動車の買い取りだけを行っている業者はありません。買い取りできるのでは、クルマのディーラーか中古車販売しているところです。

5年ほど乗った愛車を売った時には、面倒だったので近くのディーラーで査定見積もりしてもらいました。ですが、手入れもしてきた車なのに30万円という査定にビックリしました。そんなわけで、ネットで見つけた査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、想定以上の値段で売ることができラッキーでした。一括査定で出張査定してもらうことになったのが、何れもネットやテレビCMで名前をよく聞く車買い取り業者でした。そうそう休めないので、午前中に1社午後に1社と時間差で査定見積もりしてもらうことにしました。

午後からの業者さんは丁寧な応対ができる方で、この車のこのカラーを探している人がいるので査定も頑張りますと言ってくれたのです。気になる査定額は40万円と10万も増えましたので、そのスタッフさんに売ろうと決めたのです。その業者さんは出来る方みたいで、輸送用のクルマのを手配して来ていたようでそのまま持って行ってもらいました。

遠くから呼ぶのもと思っていたのですが、地元の業者よりも明らかに手間がかかりませんでした。なんといっても、手続きなどはほとんどやってくれるし、相場以上となる40万となり、ネットで査定を依頼して本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.