車売却 雑所得|初回の車検をやってから1年だから

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。でも素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、色々と入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却 雑所得|豊かな日本において

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気の車が高値で売れやすいとありました。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の車は世界一と思っています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.