車買い取り 車買取相場|査定額にバラつきがありました

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万くらい安くなるところでした。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売却しました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからだと思います。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、集中的に出来る日に査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る価格でしたが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

車買い取り 車買取相場|買い取ってもらった自動車も

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、ある情報ではその通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種が高値で売れやすいとありました。それは特に外国においての話でした。

今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人特有の、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と思っています。買い取ってもらった自動車も国産車ですが、想像すると海外で活躍するのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.