車買取ティーバイティー|わかるからだそうです

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になりそうでした。これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。3社に見積もりを出す理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日など休みの日に査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高金額を出してきました。ネットでは70万を切った価格でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

車買取ティーバイティー|69万円が上限と言われました

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、いくつか入力してからデータ通信しています。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.