車買取 ビックモーター|走行距離はだいたい40000キロ

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽を売ることになり、買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車買取 ビックモーター|海外では人気が高いです

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットで確認したところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるとありました。但しその理由は特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高く売れないかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。可能なら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.