車買取 ロイヤル|上司に相談するので

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが素人には乗っている車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車買取 ロイヤル|上手く取れているものと思いました

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く売却できました。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気の車種が高く売れやすいとありました。それは海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが上手く取れているものと思いました。

日本では、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.