車買取 水戸|帰ってから返事をするとのことです

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的でしたから、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車買取 水戸|売りたい人と買いたい人のバランスが

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で売ることができました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで調べてみたところ、ある情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を想像する楽しさがあります。叶うならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。海外か国内かもわかりませんが、どこであっても思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車無料査定を利用した結果 All rights reserved.